毛穴の汚れがすぐたまるのはどうして?

気になる毛穴の汚れをきれいにしたはずなのに、気がつくとまた汚れがすぐたまって毛穴が詰まってしまうのはなぜでしょう。

毎日のスキンケアできれいにするには、どうしたらいいのでしょうか?

毛穴の開きが気になる女性

ここでは汚れがすぐたまってしまう原因と汚れをためないための正しいスキンケアについてお話しします。

ポイントは2つあり、このポイントを押さえて、いつものスキンケアを振り返ってみてくださいね。さらに3つの追加ポイントもお伝えします。

毛穴の汚れがすぐたまってしまう原因は?

スキンケアの基本は、

1.洗顔・クレンジングで「お肌をクリーンにする」こと。

2.保湿することで「お肌の潤いを守ってあげる」こと。

です。

「毎日のお手入れでやっているわ」という人も今一度自分のやり方や手順を見直してみましょう。

まず、「そもそもちゃんと洗顔できているか」です。「洗ったつもり」ではきれいになっているとは言えません。

洗い残しがあればそれが汚れとなってしまい、皮脂と混ざって皮脂汚れになり、結果として穴をふさいでしまいます。

クレンジングできちんとメイク汚れを落とし、余分な皮脂は洗顔ですっきりさせます。

洗った後はしっかり保湿することが大事です。洗っただけのお肌は確かにきれいにはなっているかもしれませんが、そのまま放置では乾燥まっしぐらです。

しかもお肌は自力でその乾燥状態を回避しようとして毛穴から皮脂を分泌していきます。

これが過剰に分泌されると毛穴つまりの原因となり、汚れがすぐたまってしまうのです。乾燥から皮脂過剰を招いてしまうことになるので乾燥対策は重要です。

正しい洗顔・クレンジングの方法とは?

毛穴の汚れの元でもある角栓の詰まりや皮脂汚れ、そして古い角質は正しい洗顔で落とすことができます。

いきなりパックやピーリングなどのスペシャルケアに飛びつかずに、普段のお手入れを丁寧に行うことを心がけましょう。

朝の洗顔は水もしくはぬるま湯で、夜の洗顔・クレンジングのすすぎも熱すぎるお湯で洗うことは避けます。水では洗顔料やクレンジング料がなじみにくいですし、熱すぎるお湯ではお肌に必要な皮脂まで取り去ってしまいます。

まず手をきれいに洗ってから顔を洗うようにします。洗顔料やクレンジング料は適量を守りましょう。けちけち使うのも多すぎるのもいけません。少ないと汚れを洗い残すことになり、多ければ洗い流すのに時間と労力がかかり過ぎてしまいます。

落とさなければ、洗わなければと力んでゴシゴシしないよう優しく丁寧に洗います。メイクや一日の汚れは落ちたのにクレンジング後のお肌が痛んでしまうのではお手入れした意味がありません。

すっきり、きれいに洗えた後は、次の手順でしっかり保湿します。

正しい保湿の方法とは?

洗った後何もしないで放置、は厳禁ですよ。必ず化粧水を使いましょう。

どんなタイプの化粧水でも構いません。コットンで軽くパッティングしながらつけるとよいでしょう。力いっぱいたたくのはだめですよ。せっかく洗顔できれいになったお肌を傷つけないよう気をつけます。

時間があればコットンパックもおすすめです。もちろんシートパックもいいですね。放置時間をきちんと守りましょう。長くお肌の上にのせておけばよいものではありません。それぞれの商品の説明をしっかりと読んできちんと手順や放置時間を守ることが大事です。

次に乳液・クリームを使います。べたべたになるかもと恐れずに使いましょう。化粧水で潤ったお肌の毛穴を乾燥から守る役割があります。クリームが重たいと感じる場合はジェルタイプのものを使うのもよいです。逆にもっとリッチな感じが欲しければオイルを使うこともできます。

どれも、まずは「少しの量から」使い始めます。乾燥が気になる部分を重点的に保湿するのも大事です。お肌の状態によっては顔全体にクリームやオイルの保湿が必要ないと感じることもあるかもしれませんね。その時々のお肌の様子をよく観察しながら保湿しましょう。美容液をプラスしてもいいですね。

ここで保湿せずに放置するとお肌は乾燥してしまいます。お肌の自然に潤う力に任せるだけでなく外からも潤いを十分に補給して上げることが大事です。きれいになった毛穴が引き締まるのを手伝うつもりでお手入れしましょう。

スペシャルケアの取り入れ方

普段の洗顔・クレンジングを丁寧に行い、正しく保湿してあげれば、お肌の状態は自然と回復に向かっていきます。

お肌のターンオーバーが正常に戻れば古くなった角質も自然に剥がれ落ちるので、毛穴に余分な汚れとしてすぐたまることもなくなるはずです。

それでも汚れが目立ってきたと感じた時にはスペシャルケアを取り入れてみましょう。

普段の洗顔料をスクラブ入りの洗顔料や酵素洗顔料に替えてみるのです。スクラブは毛穴の奥の汚れをかきだしてくれます。酵素はタンパク質で構成されている角栓を分解してくれる働きがあります。いずれも角質の除去に効果的な洗顔料です。

洗顔後のきれいなお肌にパックやマスクするのもいいですね。毛穴の汚れの除去と同時に保湿もできます。またピーリングしてみるのもよいですね。

このときパックやマスクの使用量は必ず適量を守ります。放置する時間などもそれぞれの商品の説明をよく読んで正しく使うことが肝心ですよ。同種の商品でも使い方が違うということもありますからね。

洗顔後に使う化粧水に収れん化粧水やピーリング効果のある、ふき取り化粧水を追加してもよいです。使う順序はそれぞれの商品の指示を守ってください。

スペシャルケアを取り入れるときの注意点は、ただ一つ、「やり過ぎないこと」です。

スペシャルケアをする女性

どのスペシャルケアのアイテムも角質の除去に効果があり、お手入れした後はすっきりしますが、お肌に負担をかけているのも事実です。ですから毎日やるのは控えてください。

スペシャルケアのやり過ぎはお肌を傷つける元となり、余計に皮脂分泌され、正常なお肌のターンオーバーが乱れてしまいます。週に一回からスタートして、お肌の状態をよく観察しながら回数を増やすか減らすか判断します。

増やす場合でも週二回より多くはしないようにしましょう。減らす場合は月一回から二回程度で様子を見ます。刺激が強いと感じた場合はすぐにやめてください。お肌をいたわってあげる気持ちが大事です。

特別なことは必要ないと思える時にはしなくてもよいのだと割り切ることも大事です。スペシャルケアを必要としないくらいきれいになっているのだと自信を持ちましょう。

日常生活を見直すきっかけに

心も体もゆっくり休める時間がありますか? ちゃんと食事していますか?

忙しすぎるとお手入れもいい加減になって「洗顔したつもり」で終わっているかもしれませんよね?

それが続くとお肌が汚れていって毛穴に汚れが、すぐたまるのも簡単に想像できますね。そんなお肌を眺めていてがっかりしてまたストレスがたまってしまって、お手入れする気力もなくなってしまったら、もう悪循環ですよね。

それにダイエットもいいですが、きちんと食べないとお肌もしぼんでしまいますよ。

スキンケアを考えた食事

「そんなこと毛穴のケアに関係ないわ」と思わずに、お肌に元気がなくなってきたと感じたら、化粧品を買い替える前に、スキンケアの見直しと同時に日常生活の振り返りもしてみてください。

こういった普段の生活の「何気ないこと」もお肌には影響します。思い当たることがあったら少しずつでよいので改善できるように努力することです。

まとめ

ここで毛穴の汚れがすぐたまるのを防ぐための5つのポイントをおさらいしましょう。

  1. 洗顔・クレンジングでお肌の汚れをきれいにする
  2. 洗った後はしっかり保湿する
  3. 時にはスペシャルケアをする
  4. ストレスをためずにリラックスを心がける
  5. おいしいものをしっかり食べる

何より「いつものケア」が大事です。そして毛穴の汚れが解消されたら次はたまらないように「予防するお手入れ」を続けていきましょうね。

汚れのないきれいな毛穴を目指して頑張りましょう。

関連記事

毛穴の黒ずみと開きの原因とは? できたの? それとも作ったの?

毛穴の汚れが溜まりやすい場所とは?簡単に毛穴の汚れを落とす方法

毛穴の汚れを、そのまま放置するとにゅるにゅるが増える?

テキストのコピーはできません。