毛穴の黒ずみと開きの原因とは? できたの? それとも作ったの?

朝のお手入れの前や夜のクレンジングの後。洗顔してから鏡を見たらやっぱり気になるこの黒ずみ。

毛穴が詰まってる感じがしたのは、この汚れのせいだったのね、とがっくり。ニキビかな、ただの詰まりかな、とついつい毛穴をぎゅーっ。

ちょっと待った!

それはお肌を傷つけているのですよ。そうじゃなくて、きちんとケアした方がいいじゃない?

毛穴の悩みに眉をひそめる女性の写真

と、その前に毛穴に黒ずみができる原因を知りたくないですか?

気になるこの黒ずみはどうしてできるの? 毛穴が開いてしまうのは一体どうして?

今回は、この二つの原因を探っていくことにしましょう。原因が分かれば対策もしやすいはず。毛穴をぎゅーっとする前にぜひ読んでくださいね。

毛穴の黒ずみができるのはなぜ?

初めに、毛穴の黒ずみができる原因を大きく三つに分けてみました。思い当たるものがありますか?

1.角栓が詰まっている

毛穴に皮脂とメイク汚れが混ざった角栓が詰まっていて、これが酸化して黒く見えている状態です。

洗顔不足や不十分なメイク落としの結果で汚れをためているイメージです。いちご鼻と呼ばれる鼻まわりの毛穴の黒ずみもこれです。

2.お肌のメラニン色素

紫外線の影響で日焼けし、毛穴にメラニンがたまったことで黒く見えている状態です。

メラニンには紫外線からお肌を守ってくれる大切な働きがあります。ですが紫外線を浴びすぎると過剰に生成されたメラニンがお肌を黒く見せてしまうことになりかねません。

開いた毛穴にメラニンが溜まってくると自然と毛穴も黒く見えてしまうのです。

3.うぶ毛

お肌の短いうぶ毛が皮膚の外から透けて黒く見えている状態です。

うぶ毛も生え変わっていくので、抜けたうぶ毛は普段の洗顔で汚れと一緒に落ちています。よほど濃いと感じる場合でない限りそれほど気にしなくてもよいです。

うぶ毛はお肌を守ってくれるバリアの役割もあります。あまり神経質にならないことです。

ただ、「なんとなく顔色が薄暗いな」「うっすら髭が!」なんてことになったらご用心。

うぶ毛を処理するだけで顔色はあか抜けます。気になったときにお手入れするくらいでいいでしょう。

毛穴が開いてしまうのはなぜ?

次に毛穴が開いてしまう原因を大きく三つに分けてみました。

こちらはどうですか? 思い当たるものがありますか?

1.乾燥

乾燥はお肌の大敵。黒ずみの原因にもなります。お肌が乾燥してしまう要因はいろいろ。

水分不足や皮脂不足は日ごろのスキンケアで頑張りましょう。特別なことではなく毎日コツコツと続けることが大切です。

季節や天候に左右されてお肌が乾燥寄りになってしまうこともあるでしょう。冬は乾燥しやすいですし、風が強い日なども乾燥してしまいます。一時的に乾燥気味な場合は普段のお手入れを保湿重視にするとよいでしょう。

乾燥しているお肌はバリア機能が弱まっている状態です。少しの刺激も敏感に反応して肌トラブルを引き起こします。ちり・ほこり・花粉といった外的要因はいったんお肌に入り込むとなかなかやっかいなもの。

乾燥を防ぐためのケアを続けることで毛穴も引き締まり、外的なトラブルの元を入り込ませないバリアを作ることができます。

2.皮脂の過剰分泌

乾燥と真逆のようですが、実は乾燥状態から引き起こされるのがこれ。

お肌は乾燥した毛穴を守ろうとして皮脂を分泌させます。開いた毛穴から皮脂が過剰分泌されてそのまま開きっぱなし、という結果に。

お肌のためにも適度な皮脂は必要で皮脂を取りすぎてしまうと逆効果になります。テカるのを恐れず保湿することが大切ですよ。

3.食の好み

「食べるものが関係ある?」と思ったでしょう。トロピカルフルーツや脂っこいものが好きな人はご用心。

気がつくと頬の毛穴が緩んでいるかもしれませんよ。甘いものや油分の多いものは皮膚を緩めて結果、毛穴が開いてしまう原因になるからです。

黒ずみと開き、どっちも悩んでるけど、どうしたらいいの?

ここまでで毛穴の黒ずみと開きの原因を分けて三つずつご紹介しましたが、いかがでしたか?

何だかこれってお互いどちらのほうにも当てはまるような気がしませんでしたか?

実際のところ、毛穴の黒ずみに悩んでいても乾燥対策は必要だし、毛穴の開きを気にしている人でも紫外線対策はマスト。ケアは相関関係があって複合的に取り組むのがよいのです。

それに「肌荒れ」を引き起こす原因としてはストレスやホルモンバランスの乱れも関係しています。しっかり睡眠時間も確保しましょう。心身のリラックスも重要です。

ゆとりがないとスキンケアもゆっくりできませんからね。ストレスをため込まないようにしましょう。

ターンオーバーの乱れでニキビを作ってしまったり、ホルモンバランスの変化やエイジングで正常なお肌の再生サイクルが乱れがちだとお肌の調子も揺らいでしまいます。

毛穴ケアしながらお肌全体もよく観察することが大事です。

ちゃんとケアしてる? 間違ったケアしていない?

毛穴の黒ずみと開きの原因が分かったところで、改めて「いつものスキンケア」を振り返ってみてください。

スキンケアの基本は次の二つ

  1. 洗顔・クレンジングは「お肌をクリーンにする」こと。
  2. 保湿は「お肌の潤いを守ってあげる」こと。

これは毛穴ケアに限らず全ての人に当てはまる必須のお手入れですからしっかり覚えてくださいね。

お肌は自分で汚れを落とすことはできません。だから洗顔がとても大事なのです。毛穴もお肌全体もいたわってあげましょう。

そして、洗った後何もしないで放置、は厳禁!

ここでしっかり保湿しないと乾燥まっしぐらです。お肌には自然に潤う力があるとはいえ、そこに少しの手間をかけてあげることでお肌はよりイキイキしてきます。

きれいになった毛穴が引き締まるのを手伝うつもりでお手入れしましょう。

特にオイリー肌タイプの人は保湿することにためらいがあるかもしれません。でも洗っただけで潤いを与えてあげないと、さらにオイリーに傾くという結果になりかねません。

洗顔後の乾燥している毛穴は潤いを作りだそうとして、せっせと皮脂を分泌させていくのでさっぱりさせたつもりが逆にテカりを増長させてしまうからです。

またメイク落とししないで寝ちゃった、なんてことがあると毛穴に汚れが溜まってしまいます。メイク落としが不十分なところにさらにメイクを上塗りなんて、汚れを蓄積しているだけ。

きれいにしているつもりがお肌は悲鳴をあげていますよ。これでは毛穴が黒くなって当然です。ですからメイク落としは忘れないでくださいね。

そして紫外線対策も重要です。「日焼け止めは夏が近づいたら」や「冬や天気の悪い日は日焼け止めなんていらないわ」というのは論外ですよ。今や一年中対策するのが普通になりつつあります。

強い日差しの中、帽子をかぶる女性の写真

毛穴ケアだけでなく、スキンケア全体でもお肌の健康を保つ意味でも紫外線対策は必須と考えてください。

また時々はシェービングするのもいいです。頻繁に処理するのはやめましょう。毛穴を傷つけてしまうと、また黒くなってしまいます。

ニキビが気になる人は、まず毛穴ケアの前にニキビケアを取り入れて、お肌の土台を立て直すことから始めてください。ニキビケアは毛穴ケアにもつながります。

角栓パックやピーリングケアも効果的です。クレイパックもいいでしょう。ただしやりすぎないよう気を付けてください。

まとめ

振り返りはいかがでしたか?

毛穴の黒ずみや開きの原因はいろいろでも、毛穴の黒ずみや開きの対策で重要なのは洗顔・クレンジングと保湿ということを忘れないでください。

お肌のタイプは千差万別。皆違うし、「今日はテカってる」と感じたかと思えば「あれ、カサカサしてる」と気づくことも。昨日まで気にならなかった毛穴が今日はやけに目立つな、なんて日もあるでしょう。

でも結果がすぐに見えてこなくても焦らないでくださいね。原因を知っていれば、この毛穴のトラブルをどうしたら回避できるか、もう分かりますよね。

今ある毛穴のトラブルを軽減・克服して、新しく毛穴トラブルを作ってしまわないように心がけていきましょう。

鏡を見たときににっこりできる日が増えるよう、日々お手入れしてきましょうね。

関連記事

毛穴の汚れが溜まりやすい場所とは?簡単に毛穴の汚れを落とす方法

毛穴の汚れを、そのまま放置するとにゅるにゅるが増える?

毛穴の汚れがすぐたまるのはどうして?

テキストのコピーはできません。