毛穴の引き締めにおすすめの方法がコレ!収れん化粧水の活用

いつものスキンケアで、どんな種類の化粧水を何本使っていますか?

保湿重視のしっとりタイプを使っていますか? それともテカり予防のさっぱりタイプがお好みですか?

「何本って、基本は1本じゃないの?」と不思議に思いましたか?

手に化粧水を乗せる女性の写真

お肌の悩みに「毛穴の開き」があるのなら、ぜひ使ってほしいのがこれからお話しする収れん化粧水なんです。普段使いの化粧水に1本プラスするだけなんですよ。

普段のお手入れで手軽に毛穴ケアできる収れん化粧水の特徴や使い方を知って、毛穴をきゅっと引き締めましょう。

「収れん」って何のこと?

初めに言葉の意味を説明をしましょう。

「収れん」とは、「縮むこと」ですが「何が縮む」のでしょうか。

化粧水の作用としての正解は、「タンパク質を変性させること」です。ただ、ちょっとむずかしいですね。

お肌の表面を覆っている角質層(表皮の最上部層)の構成成分は、ケラチンタンパク質と呼ばれており、収れん化粧水を使うことによってタンパク質を変性させる(収縮させる)というわけです。

それで開いた毛穴がきゅっと「縮む」ということですね。

毛穴が引き締まる仕組みがこれなんです。

収れん化粧水の特長を知る

収れん化粧水は、商品によっては「アストリンゼント」「引き締めローション」「トーニングローション」などと呼ばれます。

3つの化粧水の写真

お肌の引き締めが主な目的なので、アルコール(エタノール)分が含まれているものが多いです。アルコールが蒸発する時にお肌の熱を取り除き、お肌を冷やす作用を利用しています。

アルコールに敏感な人や刺激を感じやすい時には、アルコールフリー(エタノールフリー)の収れん化粧水を選ぶとよいです。

アルコールよりも優しく、お肌の引き締めに効果的な植物エキス(ハーブエキス)が含まれているものもあります。

収れん化粧水によく使われる植物エキスの代表としてハマメリス(ウィッチヘーゼル)エキスがあります。ハマメリスの葉・樹皮・根から滲出後、水蒸気蒸留して得られる無色透明な液体でアルコールフリーです。すっきりと爽やかな使い心地で、毛穴を引き締めるだけでなく保湿効果もあります。

同じく爽やかさを感じられる植物エキスとして収れん化粧水に使われるものとしては、ペパーミントやグリーンティーがあります。

ペパーミントはメントールの香りで夏の暑さも吹き飛ぶような爽やかさが特徴です。抗菌作用もあります。ハマメリス同様、アルコールフリーでべたつくお肌を引き締めてくれます。

茶畑の写真

グリーンティーは飲んでおいしい「緑茶」のこと。身近な飲み物である緑茶も立派な植物エキスなのです。この茶葉には引き締め効果のあるタンニンが含まれています。そのためグリーンティーは収れん化粧水の特徴的成分としてよく使われるのです。また抗酸化作用やお肌の炎症を鎮めてくれる作用も期待されます。

ローズエキスやカモミールエキスは収れん化粧水に保湿成分として配合されることが多い植物エキスです。どちらも甘い花の香りでリラックス効果も期待されます。お肌を滑らかに整えて炎症を抑えてくれる作用も期待されます。

また収れん化粧水にはビタミンC誘導体が配合されているものもあります。

毛穴ケアに限らず、肌を目指すためには必要な成分として真っ先に思い浮かぶビタミンCですが、実はビタミンC単体は不安定な物質で、そのままでは肌に浸透しにくい性質を持っています。ビタミンCは直接お肌につけても、浸み込んでいかないのです。

そこで肌への浸透力が高まるようビタミンCを人工的に改良したものがビタミンC誘導体なのです。このビタミンC誘導体はお肌に浸透してからビタミンCに変わり、有効成分として働きます。お肌の引き締めと同時にハリを与えてくれ、お肌のターンオーバーが正常に戻るのを助けてくれます。

ビタミンC誘導体の種類としては「アスコルビン酸ナトリウム」「アスコルビルリン酸ナトリウム」「パルミチン酸アスコルビルリン酸3NA」などがあります。

収れん化粧水は誰にでも合うの?

収れん化粧水は必ずしも毎回のスキンケア時に使わなければならないわけではありません。お肌の状態や季節によって普段のスキンケアにプラスしてみましょう。

汗が気になる夏のシーズンや洗顔後のお肌の皮脂が過剰分泌されている時に使うと効果的です。また収れん化粧水はオイリー肌タイプに向いています。

汗や皮脂でお肌がべたつくような時には収れん化粧水を使うとよいでしょう。汗ばんでいるときはさっぱりと汗を拭きとってくれます。

皮脂でテカっているときも収れん化粧水を使うことで、余分な皮脂を取ってくれると同時に毛穴を引き締めてくれます。皮脂の過剰分泌を抑えてくれることでメイクも崩れにくくなりますよ。

オイリー肌タイプの人

オイリー肌タイプの人は、収れん化粧水を使って毛穴を引き締めていくと次第に皮脂の分泌をコントロールできるようになってきます。

反対に収れん化粧水をおすすめできないタイミングは肌荒れがある時です。特にアルコール入りの収れん化粧水は刺激が強く、荒れたお肌には使わない方がよいです。

アルコールフリーの収れん化粧水でもお肌にしみるようであれば使用を控えてください。

センシティブな肌タイプや乾燥肌タイプ

センシティブな肌タイプや乾燥肌タイプの人は、お肌の状態を見ながら必要と感じた時に使うとよいでしょう。収れん化粧水を使うとお肌はさっぱりしますが、乾燥に傾きがちです。

もともと乾燥肌タイプの人は保湿成分も含まれている収れん化粧水を選ぶようにするとよいです。

センシティブ肌タイプの人が収れん化粧水を使う時は、お肌への刺激の少ないアルコールフリーの収れん化粧水を選びましょう。

収れん化粧水の正しい使い方は?

さあ、いつものスキンケアに収れん化粧水を取り入れてみましょう。

収れん化粧水の基本の順番は、

  1. 洗顔
  2. 普通の化粧水
  3. 乳液・美容液・クリーム
  4. 収れん化粧水

です。いつものスキンケアの「最後」に収れん化粧水をプラスするのですね。

洗顔でお肌をクリーンにし、化粧水で水分を補給します。そして乳液・美容液・クリームを使って保湿します。その保湿・美容成分を収れん化粧水を使って肌の角質層に閉じ込めます。これでお肌はきゅっと引き締まりますよ。

応用編として、収れん化粧水を洗顔後に使用する順番もあります。

  1. 洗顔
  2. 収れん化粧水
  3. 普通の化粧水
  4. 乳液・美容液・クリーム

の順番ですね。

このタイミングで使いたい時は、肌に刺激の少ないアルコールフリーの収れん化粧水を使うとよいでしょう。

お肌の状態やその日の気分で収れん化粧水を使うタイミングを変えてみるのもいいですね。特に毛穴のたるみがや開きが気になる時には、この収れん化粧水を洗顔後に使う順番が効果的です。ぜひ試してみてくださいね。

コットンで丁寧にパッティングしている女性の写真

収れん化粧水はコットンを使ってパッティングします。お肌がひんやり冷たく感じる程度まで、ちょっぴり時間がかかるかもしれませんが頑張りましょう。ただしゴシゴシしないでくださいね。

テカりやべたつきが気になる部分を中心に使いましょう。もちろん気持ちよいと感じるなら顔全体に使ってもいいですよ。

まとめ

いかがでしたか。収れん化粧水のひと手間は意外と簡単なことでしたね。

次にコスメのお買い物に行く時にはぜひスキンケアのコーナーで収れん化粧水をチェックしてみてください。

今まで一度も使ったことのない人も使ったことのある人も「こんなものがあったの?」とびっくりするはずです。

その中で自分にぴったりの収れん化粧水を見つけましょう。毛穴がきれいになってお肌全体がすっきりクリーンになること間違いなしです。

ぜひスキンケアに取り入れてみてくださいね。

関連記事

関連記事がありません。