毛穴の引き締め法とは?

*
毛穴の引き締め法とは?

毛穴をキュッと引き締めたい!


9c9005615c9581e0fad7b76bb5e3ba83_s


メイクで下地やファンデーションを塗ると、毛穴がポツポツと目立ってとても醜く感じること、ありますよね。

メイク直後はキレイに見えても、時間がたって鏡を見ると毛穴がしっかり目立っていてゾッとした、なんて経験のある方も少なくないでしょう。

毛穴が開いていると汚れもたまりやすく、毛穴が黒ずんでみえるので気になります。季節の変わり目などで乾燥が気になる時期に、毛穴の悩みは特に多いようです。

キュッと引き締まった毛穴は化粧ノリもよく、なめらかな肌に仕上がりますので憧れますよね。毛穴は一度開きグセがついてしまうと、皮脂汚れがたまって毛穴がたるんでしまい、さらに広がっていきます。

上手な毛穴引き締めケアで、なんとか毛穴を目立たなくさせたいものですが、まず毛穴の開く原因からみていきましょう。


毛穴の開きの一番の原因は乾燥

若い肌はすべすべなめらかで毛穴なんてほとんど見えません。しかし年齢を重ねた肌はシワも増えてゴワつきがちになり、毛穴の開きも目立ってきます。

毛穴が開いてしまう一番の原因は、乾燥です。もともと毛穴には肌の水分を調節する役目があるので、肌が乾燥していると皮脂腺が活発になり、水分を多く吸収しようと毛穴が開いていくのです。

毛穴の開いた状態が続くと毛穴に汚れがたまり、毛穴はさらに深く大きく広がっていきます。毛穴の汚れを放っておくと黒ずみ毛穴となり、さらにトラブルの悪循環に陥ってしまうので要注意。

まず毛穴の汚れをしっかり落とし、乾燥しないように保湿効果の高い化粧水でお手入れすることが毛穴ケアの基本です。


毛穴の汚れを取ってから、引き締める!

毛穴は、皮膚の内部で作られる皮脂や汗を排出するためになくてはならないものですが、女性としては毛穴の目立たないツルツル素肌に憧れますよね。

毛穴は開いたり閉じたりを繰り返しているので、毛穴が閉じてキュッと締まった状態になっていれば目立ちません。

毛穴が目立ってしまうのは、毛穴が開いたままになっていたり、古い角質や皮脂汚れがたまって黒ずんでいるから。

毛穴を引き締める前に、まず、毛穴の汚れを上手に取り除いてあげることが必要です。


間違った毛穴ケアに要注意!

毛穴の汚れ・黒ずみが気になると、ついつい、指先で皮膚をつまんで角栓を押し出したりしてしまいがち。

また、市販の毛穴パックシートなども、角栓が一気に取れるのでやみつきになってしまう人も多いものです。

しかし、これが肌にストレスをかけ、さらに角栓をできやすくしてしまっているということをご存じでしょうか。

毛穴パックで角栓がゴッソリ取れると一時的にキレイになった気がしますが、周囲の角質層も一緒にはがしてしまうため、角質層を厚くしようと肌の角化が早まり、角栓ができやすくなってしまいます。

また、角質層に傷がつくことで水分を保持する力や外部刺激に対するバリア機能などが低下してしまい、シミ・シワなどの肌トラブルを引き起こしやすくなってしまうのです。


蒸しタオル+洗顔+収れん化粧水でケア

325cfeb33f89e2fe29f890787caf78f1_s


毛穴は無理にこじあけず、自然に開かせることが毛穴ケアのポイントです。蒸しタオルを顔にあてしばらくすると毛穴が開いた状態になるので、よく泡立てた泡でやさしく洗顔します。

肌に負担をかけずに、角栓がとれやすくりますので蒸しタオルはおすすめです。洗顔後は、毛穴を引き締める効果のある「収れん化粧水」でパッティングすると、肌を潤しながらキメを整えてくれるのでおすすめです。

そのあとに、さらに保湿化粧水のケアを忘れずに。



記事

a0b39cd7a6b25bded195e16b408a273f_s

毛穴の開閉する力を鍛えて、引き締める!

毛穴を引き締めるためには、毛穴の汚れをやさしくキレイにとってしっかり保湿することがポイントですが、毛穴そのものの機能を改善する方法も効果的です。 毛穴は、体内の老廃物を排出する出口。常に開いたり…